農場や牧場での作業で稼ぐ

週末に農場や牧場で働くという副業も十分に考えられます。
農場や牧場と言えば高齢者が多いという印象がありますが、若い人たちを中心としてビジネスとして捉えるようになってきています。
脱サラで農業を行うという人もいます。
ここでは週末に副業として農場や牧場で働く場合について紹介していきます。


農業や酪農従事者のところに働きに行く

副業とはいっても何もノウハウが無い人がいきなりやれるようなものではありません。
そのため、まずは農場や牧場を持っている人のところで作業の手伝いをしに行きます。
就業期間としては短くて1日、長くても2週間程度が一般的です。

沖縄であればサトウキビ、栃木県でイチゴというように全国各地にありますので、日常生活で体験できない田舎の作業を通じてリフレッシュすることにもつながります。

給与はあまり期待できないと考えた方がいい

副業としてお金が欲しいという人に関して言えば、この作業はそのニーズに応えるものではありません。
あくまで農業や酪農に従事している人に対してお手伝いに行くというイメージになりますので、給与はあまり期待できるわけではないです。
あくまで田舎で貴重な体験を行っているという認識でいるべきです。

自然や週末農業に興味がある人にオススメ

自然や週末農業に興味があるのであれば、農場や牧場に行って作業をするのはいいかもしれません。
あまり報酬のことは考えずに自然にリフレッシュすることや農業などのノウハウを学びに行くようにしたほうがいいでしょう。

  ← 前の記事: